ご予約

ブライダルチェックとは?パートナーと一緒に受ける重要性を解説

column

2024.06.27
  • コラム

 

結婚や妊娠を考えている女性の多くは、そのタイミングで一度は耳にすることも多い「ブライダルチェック」。

 

実際にどのような検査のことを指し、どういった目的をもつものなのでしょうか。

 

今回は、ブライダルチェックについて、みておきたい項目や女性のパートナーに対してもおすすめしたい検査についてご紹介していきます。

 

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは、結婚や妊娠を控えている女性が受けておきたい健康診断のメニューのことを指します。

普段受診する定期健康診断の項目では検査しきれない、「妊娠や出産」に影響を与える病気やそのリスクがないかどうかをチェックすることが狙いです。

 

ブライダルチェックは、婦人科のクリニックが実施しているケースが多いですが、婦人科の雰囲気や診察台が苦手で、検査を躊躇する人が一定数いらっしゃいます。

 

また、女性だけでなくそのパートナーも一緒に検査を受けておきたいというカップルも増えていることから、カップルでも気軽に受診できるように、一般内科で実施できるブライダルチェックが増えていることも注目され始めています。

 

 

男女ともにブライダルチェックを受診すべき理由

先述したように、最近は女性だけでなくパートナーも一緒にブライダルチェックを受診したいという希望をもつカップルが増えています。

女性は自分自身が妊娠・出産をするため、検査が必要だと理解しやすいですが、なぜ男性も?と疑問を持たれる方も多いです。

 

男性もブライダルチェックを受けたほうが良い理由としては、以下のようなポイントが挙げられます。

 

男性がブライダルチェックを受けたほうが良い理由その1:性感染症の感染

性感染症は、自覚症状がなかなか出にくいものも多く、数ヶ月〜半年以上前から体内にウイルスが潜伏していることもあり得ます。

 

男性が気付かぬうちに性感染症にかかってしまっている状態で性交渉をしてしまうと、女性にウイルスを移してしまう恐れがあり、非常に危険です。

 

妊娠・出産を希望していなくても、性交渉の関係をもつパートナーがいるのであれば、お互いが検査を受診しておくことが、相手へのエチケットになります。

 

男性がブライダルチェックを受けたほうが良い理由その2:風しんの感染

妊娠中の女性が風しんに感染してしまうと、胎児の流産や早産を引き起こしたりする恐れがあり、母体・胎児どちらにも非常に危険です。

 

また、風しんのワクチンは「生ワクチン」という種類で、妊娠中にワクチン接種することができません。

 

そのため、妊娠を希望する女性はもちろん、そのパートナーが風しんの抗体をもっているかどうか、風しんに感染していないかどうかをチェックしておくことは、女性と赤ちゃんを守るために必要不可欠な検査だと言えます。

 

ブライダルチェックで見ておきたい項目(女性)

女性が受けておきたいブライダルチェックの項目としては、以下のようなものがあります。

 

・性感染症検査

 性感染症に感染していないかどうかをチェックします。

・風しん、麻しん、おたふくかぜ抗体検査

 風しん、麻しん、おたふくかぜは、妊娠中にワクチン接種が難しいため、抗体が少ない場合はワクチン接種を済ませた上で妊娠されることが望ましいです。

・B型肝炎、C型肝炎検査

 母体が感染していると、胎児に感染するリスクが高まるため、母体の感染がないかどうかをチェックします。

・乳腺エコー検査

 乳がんをはじめとした疾患の有無をチェックします。

・がん検査

 がんに感染していないかどうかをチェックします。

・甲状腺検査

 甲状腺機能に異常があると流産や早産のリスクがあるため、甲状腺ホルモン値をチェックします。

 

ブライダルチェックで見ておきたい項目(男性)

男性が受けておきたいブライダルチェックの項目は、以下のようなものがあります。

 

・性感染症検査

 性感染症に感染していないかどうかをチェックします。

・風しん、麻しん、おたふくかぜ抗体検査

 風しん、麻しん、おたふくかぜの感染は、胎児の発育を阻害したり流産・死産を引き起こすリスクがあります。また、妊婦はこれらのワクチン接種ができないため、妊婦にうつさないよう男性側の抗体もチェックすることが望ましいです。

・B型肝炎、C型肝炎検査

 母体が肝炎に感染すると、胎児に感染し重症化のリスクも高まるため、男性側が感染していないかどうかもチェックすることが望ましいです。

 

婦人科検査が苦手な女性は、内科で受診を

ブライダルチェックの受診は、妊娠や出産を希望する全ての女性とそのパートナーにとって非常に重要です。

 

その一方で、

・婦人科特有の雰囲気が苦手

・婦人科の診察台で診られることに抵抗があったりトラウマがある

・パートナーと一緒に検査ができるクリニックを探している

といった方は、内科クリニックのブライダルチェックがおすすめです。

 

※定期検診として実施されている子宮頸がん検診やマンモグラフィは婦人科や専門の健診施設でのみ受診できるもののため、勇気を出して定期的にご受診ください。

 

上記に示した検査項目は、男女ともに当院のブライダルチェックで網羅できます。

 

さらに、当院は甲状腺内科を構えておりますので、もしも甲状腺機能に異常が確認された際には、スムーズに診察・投薬・治療を実施することも可能です。

 

これから結婚・妊娠・出産を控えている方は、ご自身の安心できるクリニックで、新たな未来に向けてブライダルチェックを受診しておきましょう。

 

ブライダルチェックの詳細はこちら

RECOMMENDおすすめ記事